協議会概要

発足の趣旨

現代のように医療内容が複雑高度化し、また多くの人が関係するチーム医療が主流となる状況にあって、医療秘書は事務面における専門的な援助と各部内の連絡調整を果たす重要な役割を担っています。
質的向上が各方面から望まれ、全国の医療教育機関が集う「医療秘書教育全国協議会」として緊急に取り組む課題でありました。
医療秘書技能検定は、医療秘書としての専門知識と技能を認定するもので、学生にとって学習の目標であり、医療機関にとって志望者の習得レベルを判断する目安となります。
教育機関にとってカリキュラムの改善、教授法の向上につながるものであります。

沿革 ~医療秘書教育全国協議会の歩み~

昭和62年10月 医療秘書教育全国協議会設立発起人会開催。22校参加。
昭和63年1月 設立総会開催。全国の専門学校35校が出席し、医療秘書教育全国協議会を発足。会長に日野原重明氏(聖路加看護大学学長)就任。
昭和63年12月 第1回医療秘書技能検定3級試験を実施。
平成元年6月 医療秘書技能検定2級開始
平成元年10月 東京と大阪で、医療秘書関連教員対象の第1回教員研修会を開催。
平成4年3月 「医療秘書医学シリーズ」全7冊を監修。
平成4年6月 医療秘書技能検定1級開始
平成6年3月 「医療秘書実務シリーズ」全7冊を監修。
平成8年6月 第1回医事コンピュータ技能検定試験実施。
平成9年4月 会員校142校。
平成9年10月 設立10周年記念式典・祝賀会挙行。
平成9年12月 医事コンピュータ技能検定2級開始
平成11年6月 医療秘書技能検定準1級開始
平成12年5月 川口晃玉理事長勇退にともない浮舟邦彦氏が就任
平成12年12月 学校法人滋慶学園本部に事務局を移設
平成13年9月 「医療秘書教育全協誌」創刊号出版
平成13年11月 第1回福祉事務管理技能検定試験実施
平成14年5月 「医事コンピュータ技能検定テキスト」全3冊とCD-ROMを監修
平成14年6月 医事コンピュータ技能検定準1級開始
平成14年7月 「福祉事務管理シリーズ」全7冊を監修
平成14年11月 福祉事務管理技能検定2級開始
平成16年2月 日本医療秘書学会設立。
学会長日野原重明氏(聖路加国際病院理事長)就任。
平成17年4月 当協議会に医療秘書教育学術研修委員会を設置。
平成17年11月 日野原重明会長文化勲章を受勲。
平成17年11月 全国一般病院を対象に医療秘書の実態調査を実施(アンケート調査)。
平成18年3月 個人情報保護法の基準に基づく認証を取得。
平成18年4月 医療秘書の実態調査結果を発表。
平成19年4月 会員校188校。
平成20年2月 設立20周年記念式典・祝賀会挙行。
平成20年12月 検定審査基準改訂
医師事務作業補助者の認定基準決定
平成21年6・11月 電子カルテ実技検定プレテスト(2回)を実施
平成21年7月 一般社団法人登記完了
平成22年4月 一般社団法人 医療秘書教育全国協議会と名義変更
平成22年6月 第1回電子カルテ実技検定実施
平成24年4月 会員校183校

一般社団法人 医療秘書教育全国協議会
〒134-0084 東京都江戸川区東葛西6-7-5 滋慶ビル2F
TEL 03-5675-7077 FAX 03-5675-7078
E-mail ms.isi@isis.ocn.ne.jp

  • 日本医療秘書学会
  • truste

一般社団法人
医療秘書教育全国協議会
〒134-0084
東京都江戸川区東葛西6-7-5
滋慶ビル2F
TEL 03-5675-7077 
FAX 03-5675-7078
E-mail
info@medical-secretary.jp

ページの先頭へ