会長の言葉

広がる医療秘書教育

わが国では、病院、診療所、その他の医療関係の事業を行っている施設に医療秘書がチーム医療に参与する専門職として有用であるという考えの下に、医療秘書教育が始められたのは、今から30年前のことでありました。この専門職の教育のためのカリキュラムを作り、研修プログラムで実地の業務を遂行できる能力をつけ、その実力を評価するための機構として、医療秘書教育全国協議会が設立されたのは、昭和63年のことでありました。当時、聖路加看護大学学長をしていた私が、この協議会の初代の会長に任ぜられました。
 私は総合病院としての聖路加国際病院の経営に長年携っている間に、いかに医療秘書の役職が病院の運営と患者サービス、診療の質的向上に必須であるかと言うことを痛感していたので、この協議会の発展をつぶさに見守り、この協議会のユニークな存在が社会的にも高く評価されることを願って参りました。協議会の役員の方々の非常な努力で、この協議会に加盟の医療秘書教育機関としての学校は180校を超えている現状であります。この協議会は今日までに医療秘書技能検定3級、2級、準1級、さらに1級検定をも行い、平成8年からは医事コンピュータ技能検定3級、2級、準1級までも行いました。また平成13年からは福祉事務管理技能検定試験、平成22年からは電子カルテ実技検定試験を行って今日に至りました。このようにして発足23年にも及ぶ本協議会の医療界への貢献には偉大なものがあると信じる次第です。
 本協議会が医療界の期待に添って患者中心のサービスにますます貢献するよう努力していきたいと思います。

  • 日本医療秘書学会
  • truste

一般社団法人
医療秘書教育全国協議会
〒134-0084
東京都江戸川区東葛西6-7-5
滋慶ビル2F
TEL 03-5675-7077 
FAX 03-5675-7078
E-mail
info@medical-secretary.jp

ページの先頭へ