現場の声

活躍の場の広い医療秘書

医療事務担当として・・・

医療秘書の仕事のうち、診療報酬請求事務は重要な業務です。当協議会の医療秘書技能検定試験3級合格者は外来診療例から、また2級合格者は入院事例からレセプトを作成する能力を有しています。 さらに、医事コンピュータ技能検定合格者は、実務に対応できる医事コン操作能力を有しています。

医療秘書として・・・

医療秘書は忙しい上司や幹部、専門職を補佐し、書類作成・整理、医療情報収集・整理、上司のスケジュール管理、来客対応、電話応答などを行います。 上司も関係先も医療関係者ですから、医療に関する知識と秘書の能力を兼ね備えている医療秘書だからこそこなせるのです。

病棟・外来クラークとして・・・

入院患者のカルテの整理、検体・検査レポートやレントゲンフィルムの整理、ナースステーションでの伝票整理、電話応対など、病棟・外来における秘書として、 幅広い業務を担当します。 また、入院患者・医師・看護婦の間に入り、連絡・調整を行います。病棟のみならず、外来診療部門・医局・研究室などでも活躍しています。

診療情報管理担当者として・・・

医師の診断結果や検査結果、治療方法、病状経過などが記載されている診療情報(診療録・カルテ)を管理・保管し、診療や研究の役立てることが主業務となります。 医療情報の管理は厳重でなければなりませんので、専門の教育を受けた医療秘書なら安心です。 強い責任感と適切な管理能力が必要とされる職種です。

医師事務作業補助者として・・・

病院勤務医の事務的負担を軽減するために生まれた職種です。
業務内容としては、診断書・証明書などの文章作成補助、診療記録への代行入力(電子カルテ)、医療の質の向上に資する事務作業、行政上の届出・報告業務などを医師の指示の下に行う職種で、医師の事務作業が1日2時間短縮できたとの報告もあります。

医療界で幅広く活躍する

医療秘書が活躍する場所は、病院だけではありません。健康保険組合、製薬会社、医療機器メーカー、調剤薬局などにも、多くの医療秘書が進出しています。 そこでは、通常の医療事務を行うほか、医療情報管理、レセプト審査業務など各種の専門業務に携わっています。

現場で活躍する医療秘書さんに日頃の業務内容や1日のスケジュールなどを
教えていただきました。

>> 医療法人友和会 鶴田整形外科 医療情報部 池永さん・道下さん
>> 湘南鎌倉総合病院 血液浄化センター 増田さん
  • 日本医療秘書学会
  • truste

一般社団法人
医療秘書教育全国協議会
〒134-0084
東京都江戸川区東葛西6-7-5
滋慶ビル2F
TEL 03-5675-7077 
FAX 03-5675-7078
E-mail
info@medical-secretary.jp

ページの先頭へ